使いやすさで生産性を向上させるクラウド拡張製品 rakumo(ラクモ)

03-4582-6073(受付時間 10:00~18:00) 無料でrakumoをお試し!

場所や時間に拘束されることなく働ける「テレワーク」が人気だ。人材活用の新たな戦略として、多くの企業も関心を寄せている。政府は2013年に「世界最先端IT国家創造宣言」を閣議決定し、テレワークの普及を推進。テレワークに対する需要が、さらに拡大することは間違いない。そのような状況において、今、もっとも注目されている企業がある。 2011年に創業した「クラウドワークス(CrowdWorks)」だ。

■導入内容:rakumoワークフロー

社名:株式会社クラウドワークス

業種:サービス業

URL:http://crowdworks.jp/

事業内容:クラウドソーシング事業

株式会社クラウドワークスインタビュー

場所や時間に拘束されることなく働ける「テレワーク」が人気だ。人材活用の新たな戦略として、多くの企業も関心を寄せている。政府は2013年に「世界最先端IT国家創造宣言」を閣議決定し、テレワークの普及を推進。テレワークに対する需要が、さらに拡大することは間違いない。

そのような状況において、今、もっとも注目されている企業がある。 2011年に創業した「クラウドワークス(CrowdWorks)」だ。同社は、仕事を依頼する企業と、それを請け負う個人(フリーランス)が、 オンラインで仕事をマッチングできる仕組みを提供している。 「クラウドソーシングサービス」と呼ばれるこの仕組みは、インターネットを介して場所を問わず仕事を依頼できることから、個人/企業ともに利用者が急増。矢野経済研究所が公開した「BPO市場・クラウドソーシング市場に関する調査結果2013」によると、2012年で約100億円だった同市場規模は、2017年には1473億8000万円に成長すると予測されている。

クラウドワークスは、2015年7月末時点で70万人近い登録者を擁し、サービス開始からわずか3年あまりで約10万社が利用するプラットフォームに成長している。
登録・依頼・提案はすべて無料で、経済産業省、ヤフー、伊藤忠グループといった団体/企業が同社サービスを活用している。クラウドワークスは、クラウドソーシングサービスの代名詞になっていると言っても過言ではない。なお、2014年12月には東証マザーズ上場も果たしている。

急成長する企業が直面する課題の1つに挙げられるのが、内部統制の整備だ。創業時は 3名でスタートしたクラウドワークスだが、現在はアルバイト従業員も含め、約150名が働いている。クラウドワークス取締役CFO(最高財務責任者)を務める佐々木翔平は、「マザーズ上場の準備をはじめたのが2013年の中頃だったのですが、それまでは属人的な管理でも会社は回っていました。例えば、個々の従業員が『○○が必要なので買ってよいですか』とメールで連絡してくる。業務効率の観点から考えれば、決してよいものではありません。このままでは限界があると判断し、内部統制ツールの導入を検討したのです」と語る。

内部統制ツールを選択する際に考慮したポイントは、コストとスペックとのバランスだったという。同社が内部統制ツールとして必要としていたのは、ワークフローシステムの部分のみ。 一般的な企業向けワークフロー管理ツールはオールインワンのパッケージが多く、オーバースペックであると判断した。「必要な機能を棚卸しし、現在利用している『Googleアカウント』との連携を検討した結果、スペック的にもコスト的にも納得できる『rakumoワークフロー』に決定したのです」(佐々木様)

"判子待ち"のタイムロスを作らないスピード感

rakumoワークフローのもう1つのアドバンテージは、クラウドサービスであることだ。

標準ブラウザでURLにアクセスするだけですぐに利用できるのはもちろん、スマートフォンやiPad向け専用アプリも用意されている。クラウドワークスで広報を務める村田拓様は、「スマホへの対応も 十分で、ネットワークがつながっていればどこでも使えます。承認する立場の社員が出張したりセミナーなどで外出したりすることも多い。通常、こうしたケースでは"判子待ち"で業務が中断してしまいますが、rakumoワークフローであれば、そうした時間のロスは発生しません。これは、スピード感を持ってビジネスを推進するうえでも非常に重要です」と語る。

インターネットで完結できる仕組みは、間違いなく業務の効率化に直結する。ワークフローに費やす時間は必要だが、それが業務の足かせになっては本末転倒だ。そうした観点からも、rakumoワークフローを導入したことでビジネス・チャンスを掴んだケースは少なくないという。

「例えば、一度は見送った案件で、『今日の午後3時までに返答頂ければ、半額で対応します』というオファーがあったとしましょう。担当者としてはぜひ利用したいが、意志決定者が出張で不在だったとします。一般企業なら、『時間的に無理』とあきらめなければなりませんが、rakumoワークフローなら『今日の3時まで確認してください』とコメントを付けて承認申請できるのです」 (村田様)

クラウドワークスは今年1月、経済産業省が創設したベンチャー企業表彰制度「第1回 日本ベンチャー大賞」において、審査委員会特別賞を受賞した。佐々木様は、「注目されているとはいえ、まだまだ規模も小さく、提供しているサービスも発展途上です」と謙遜する一方、今後はサービスメニューをさらに拡充し、21世紀の新しいワークスタイルを提供していきたい」と、その抱負を語る。

社内組織が大きくなれば、内部統制の仕組みも階層化して複雑になる。しかし、村田様は、この点についてまったく心配していないという。

「rakumoワークフローの提供する機能はシンプルですが、拡張性と柔軟性は高い。組織が大きくなったとしても『スピード感を持ってワークフローを回す』という原則は揺るがないと考えています」 (村田様)

まずはお気軽にトライアルまたはオンラインデモをお試しください。

無料トライアルを申し込み
上に戻る