rakumo for Google Workspace で利用できる
rakumo API のご紹介

他のクラウドサービスや外部システムとの連携など、
rakumo の WEB API を利用してさらに業務を効率化しませんか?
rakumo API のご紹介

rakumo API について

rakumo では一部サービスにおいて API を公開しており、独自プログラムなどから機能の利用が可能です。権限レベルは【管理者機能】となります。(一般ユーザー権限でのご利用は不可となります)REST 形式の WEB API として実装されています。(認証は API キー / 秘密鍵にて行われます)扱われるデータは JSON 形式 となります。

rakumo API 利用イメージ

API を提供中の rakumo サービス

  • rakumo プロファイル API(ユーザー詳細 CSV のアップロード/ダウンロード)
  • rakumo ワークフロー API
  • rakumo ボード API
  • rakumo キンタイ API
  • Google 同期 API

rakumo API についてもっと知る

rakumo API サービス料金

初期導入費

180,000

API ごとの利用料

15,000 円 / 年

ユーザープロファイル API

独自のデータベースなどから生成されたユーザー詳細 CSV のアップロードや、ダウンロードを行う API

ワークフロー API

新規申請、申請データの取得、マスターデータ更新など、各種機能を API より制御

  • ※ rakumo ワークフローの契約が別途必要
ボード API

各種カテゴリ・ボード・ポストデータの関連情報の取得や、新規ポストの作成を API より制御

  • ※ rakumo ボードの契約が別途必要
キンタイ API

日付や期間を指定し、打刻されたデータ・取得された休暇データやその関連情報を API にて取得

  • ※ rakumo キンタイの契約が別途必要
  • ※価格はすべて税抜きです。別途消費税がかかります。

API についてお問い合わせはこちらから

rakumo for Google Workspace をもっと知りたい方へ