業務の効率を劇的に上げる
G Suite™ とは

G Suite™ は、 Google が提供するクラウドツールです。
ビジネスに最適化された複数のアプリケーションで構成され、
情報共有の基盤として組織づくりを支援します。
業務の効率を劇的に上げる G Suite

業務効率向上に! G Suite の機能・導入メリット

「Gmail は知ってるけど、他のツールが使いこなせるか分からない」「興味はあるけど、なんとなく導入が難しそう」
「うちの会社で使いこなせるか分からない...」「どんな場面で使えばいいの?」
そんな不安や疑問にお答えするべく、 G Suite の機能や導入のメリットについて解説します。

G Suite とは?

G Suite とは、Google が提供するビジネスに最適化されたソリューション。
すべてクラウド上に構成されたグループウェアなので、パソコンとインターネットの環境があれば、
距離や時間に関係なく、どのデバイスからでもリアルタイムで利用することが可能。
企業の生産性向上・効率化・チームコラボレーションに貢献します。

G Suite でテレワーク!より便利にする Google デバイス

G Suite のサービス一覧

G Suite を導入すると、下記のサービスを利用できます。
ただし、Cloud Search と Valut は G Suite Business エディション以上に加入する必要があります。

情報共有
Gmail
Gmail
独自ドメインが利用できる高機能メーラー
Google カレンダー
Google カレンダー
オンラインで利用できるスケジューラー
Hangouts Chat
Google Chat(旧名:Hangouts Chat)
ビジネスに最適化されたチャットツール
Hangouts Meet
Google Meet(旧名:Hangouts Meet)
ビジネスで使えるビデオ会議ツール
ファイル作成
Google ドキュメント/Google スプレッドシート/Google スライド
Google ドキュメント
Google スプレッドシート
Google スライド
コラボレーションに最適なで使える文書作成・表計算・プレゼンテーションツール
Google フォーム
Google フォーム
公開可能なアンケートフォーム
Google Keep
Google Keep
オフラインでも使えるメモ帳
Google サイト
Google サイト
サイトを簡単に作成できる
Jamboard
Jamboard
共同作業に適したデジタルホワイトボード
情報の保管&アクセス
Google ドライブ
Google ドライブ
ファイルの保管・共有ができるストレージ
Cloud Search
Cloud Search※
G Suite™ 内の情報を横断検索できる
情報の管理
管理コンソール
管理コンソール
ユーザの追加、端末の管理、セキュリティ設定、2段階認証プロセスやセキュリティキー設定、リモートロックもができる管理機能
Valut
Valut※
データを保護して安全に保管するアーカイブ機能
※ G Suite Business エディション以上で利用可能

G Suite のセキュリティ

Google が実施しているセキュリティ対策

安全性の高いクラウドインフラストラクチャを運用

Google は、独自設計のデータセンターやサーバーから大陸間でデータを転送する海底ファイバーケーブルまで、世界で最も安全で信頼性の高いクラウド インフラストラクチャを運用しています。

高度なセキュリティ管理機能

2段階認証プロセスや SSO といった高度なセキュリティ機能、ユーザー アカウントの詳細な管理機能を利用することが可能です。

データは複数のデータセンターに分散

G Suite のデータは、複数のデータセンターに分散しているため、火災や災害の発生時には、他の安定した安全なデータセンターからデータを自動的かつスムーズに利用できます。

24時間体制の監視を実施

常時監視も行なっているのでデータ保全やハッキング対策など、一般企業以上の対策がとられています。

G Suite の導入のメリット&デメリット

G Suite を導入するにあたって、知っておきたいメリットとデメリットはこちらです。

初期導入のコスト負担が軽い

G Suite はインターネット接続環境とデバイスだけあればすぐにでも利用が可能になります。サーバーのハードウェアなどを用意する必要はないので初期投資は安くなり、導入も速いため、短期間で稼働を開始することが可能です。

運用負担が少ない

社内にサーバを置くと、システム運用の担当者に負担がかかりますが、G Suite なら運用を Google にお任せできます。サーバーの保守やバージョンアップ、セキュリティパッチの適用などの運用業務はほぼないので、企業のシステム運用負担を大幅に軽減できます。

セキュリティが向上する

一般企業のデータセンターが、Google のデータセンターと同じレベルのセキュリティを保つことは容易ではありません。Google のサービスを提供しているデータセンターでは、セキュリティの専門家によって、グローバルに堅牢なインフラストラクチャを展開しています。

ビジネスの効率が上がる

ファイルの同時編集機能や、優れた検索機能により、ビジネスシーンの無駄な時間を徹底的に削減。働き方改革をサポートします。

インターネット環境が必須

G Suite はクラウド上で運用するサービスなので、原則インターネットの環境がないと利用ができません。何かの理由でインターネットが使えなくなってしまうと業務がストップしてしまう可能性があります。
※オフラインでも利用可能な機能もあります。

ある程度のリテラシーが求められる

使い慣れてしまえばとても便利な G Suite™ ですが、機能が豊富なのである程度インターネットのリテラシーがないと戸惑うことがあるかもしれません。もし社内のリテラシーに不安がある場合は段階的に導入することをおすすめします。

G Suite でできること

Gmail

プライバシーと安全性に配慮したビジネス用メール Gmail

Gmail は無償で利用する場合「ユーザー名@gmail.com」のようになりますが、 G Suite に加入すれば独自ドメインで利用することができます。つまり、今使っている会社のメールアドレスを変更することなく Gmail をメーラーとして使うことができます。この点はビジネスで利用するユーザーにとっては大変重要なポイントと言えます。迷惑メールも強力なフィルタでしっかりとブロックしてくれるので、厄介なスパムメールに煩わされることもありません。
Google カレンダー

チームでのご利用に最適な統合型オンラインスケジューラー Google カレンダー

スケジュールの管理ができるサービスです。パソコンをはじめ、スマートフォン、タブレットなどのデバイスからのアクセスが可能で、設定した日時にアラームを設定しておくと、アラートを出してリマインドしてくれます。もちろん、チームでカレンダーを共有してスケジュールや、仕事の進捗を確認し合うこともできます。ミーティングなどの複数のメンバーが参加するイベントがある場合は、招待機能を使ってスケジュールを共有できます。
Google Chat

チーム向けに設計されたメッセージング プラットフォーム Google Chat

ビジネスに最適化されたメッセージプラットフォーム。ダイレクト メッセージからグループの会話まで、チームが簡単かつ効率的に共同作業を行えるようサポートします。専用の仮想ルームやスレッド化された会話により、効率よく進捗状況やフォローアップ作業を行うことができます。
Google Meet

ビジネスで使えるビデオ会議ツール Google Meet

Google Meet を使えば、どこにいてもお互いの顔を見ながらチームメンバーとコミュニケーションが取れます。端末とインターネットさえあればどこにいても会議ができるので、時間的コストの短縮と、距離の制約を超えた円滑なコミュニケーションを実現します。また、ビデオ通話中にスプレッドシートやドキュメントなどが画面上で共有できるので、資料を使ったすり合わせを行なう際にも便利です。
Google ドキュメント・スプレッドシート・スライド

チームで使える文書作成・表計算・プレゼンテーションツール Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド

Google ドキュメントは Windows ソフトでいうところの Word、スプレッドシートは Excel、スライドは PowerPoint に相当するツール。ブラウザ上で動作するので、インターネット環境があればどこでもアクセスしてデータの作成や編集が可能です。複数のユーザーで1つのファイルを同時編集できる、コラボレーションに最適化されたツールです。データは自動で Google ドライブに保存されるので、作業中のデータを失ってしまう心配もいりません。
Google フォーム

公開可能なアンケートやフォームを簡単に作成 Google フォーム

Web 上に公開可能なアンケートフォーム。アンケートやお問い合わせなどのフォームを簡単に作成できます。リアルタイムで集計ができるので手動で結果をまとめる手間は不要です。また、回答を Google スプレッドシートに自動で書き出すことができるので、そのままデータを分析できます。
Google Keep

チームでも共有できるメモアプリ Google Keep

複数のメンバーでの共有も可能なメモアプリ。オフラインでも利用できます。ユーザーインターフェースが直観的で、音声メモも使えるため出先でも素早く重要事項を記録しておくことができます。音声で記録したものは自動的に文字変換されるので、音声のテキスト起こしの手間もありません。Chrome ブラウザから直接入力できる拡張機能やリマインダー機能などが備わっており、使い勝手も抜群です。
Google サイト

専門知識がなくても Web サイトが作れる Google サイト

HTML や CSS、あるいは Javascript といった専門的な WEB の知識がなくても、簡単に WEB サイトを作成できるツールです。テンプレートからデザインを選んでサイトをカスタマイズすることも可能なので、直感的に Web サイトを作成できます。共有権限を与えれば複数のユーザーでサイトを構築できるので、チームで協力をしながらサイトを作成することが可能です。自社のポータルサイトや情報共有用のサイト、あるいは部署内の情報管理サイトなど、さまざまなイントラネット構築に役立ちます。
Google サイト

アイデアを視覚化するデジタルホワイトボード Jamboard

4K タッチ スクリーン機能を備えた 55 インチのクラウド型デジタルホワイトボード。Jamboard 上では、メモ、テキスト、画像などを作成することができます。また、Jamboard は G Suite と連携しているので、Jamboard の画面は会議室の外にいる G Suite のユーザーとリアルタイムに共有ができます。
Google ドライブ

あらゆるファイルをオンラインで一元管理 Google ドライブ

オンラインで利用できるストレージサービス。Business エディション以上は容量無制限で利用が可能です。Google ドライブにはこのような特長があります。

いつでもどこでもファイルにアクセス可能

スマートフォン、タブレット、パソコンのどれからでも簡単にアクセスして編集ができる

使いやすい共有機能

Google ユーザーとファイルを簡単に共有できるので、コラボレーション作業がスムーズ

Google ドライブ形式ファイルは容量無制限

スプレッドシートやドキュメントのような Google ドライブ形式のファイルはドライブ上の容量を消費しません。
G Suite ™ Business

G Suite 内の情報を横断検索 Cloud Search ※

人工知能を活用した G Suite 全体の横断的な検索を可能にするサービス。Gmail、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、カレンダーなどに含まれるデータを包括的に検索する機能や、その日の業務に関連する情報を提供するアシスタント機能を備えています。欲しいファイルがあれば Google Cloud Search にキーワードを入れるだけでいつでもどこでも、必要な情報にアクセスすることができます。
※ G Suite Business エディション以上で利用可
管理コンソール

組織に合わせて G Suite を管理 管理コンソール

組織の G Suite を一元管理できる機能です。2段階認証プロセスやセキュリティキー設定、リモートロックも可能。ユーザーの追加、端末の管理、セキュリティなどの設定を簡単に行えるため、常にデータの安全が確保されます。
G Suite ™ Business

データを保護して安全に保管 Valut ※

G Suite のデータを保護して安全に保管するアーカイブ機能。会社にとって重要な情報を保持し、それを閲覧・検索可能な状態にします。法務部門で必要となるデータを収集し、社員の離職によるデータ損失を防止に役立ちます。
※ G Suite Business エディション以上で利用可

G Suite 利用料金

G Suite™ Basic

30GBのストレージを備えたプロフェッショナルなオフィス スイート

月額680

年額8,160

/1ユーザーあたり
G Suite™ Business

無制限のストレージとアーカイブ機能を備えた拡張版のオフィス スイート

月額1,360

年額16,320

/1ユーザーあたり
G Suite™ Enterprise

無制限のストレージに加え高度な管理機能を備えた法人向けプラン

月額3,000

年額36,000

/1ユーザーあたり
  • ※ご契約の際は年単位での契約が必要になります。
  • ※価格はすべて税抜きです。別途消費税がかかります。

rakumo が支援する G Suite サポートサービス

G Suite 初期導入支援

G Suite を初めて導入されるお客様や、ドメイン移管・サードパーティ連携など追加の支援が必要なお客様向けの初期導入に関する支援メニューです。
G Suite 初期導入支援

100,000

ドメイン所有権の確認 / アカウント作成支援 〜 Google グループ作成支援 / メール転送設定支援 / DNSレコード設定支援(SPF、DKIM、MXレコードを想定)

追加支援サービス

100,000 円 ~

ドメイン、DNSの移管サポート / G Suite 管理コンソール 設定支援(※ Enterprise を除く) / SSOやメールゲートウェイなど、サードパーティサービス連携支援 / その他、運用要件にあわせた導入支援プラン策定支援

  • ※遠隔地訪問の場合は、別途交通費、宿泊費が発生する場合がございます。
  • ※価格はすべて税抜きです。別途消費税がかかります。

G Suite トレーニング講座

管理者向けの G Suite の基本設定や使い方のトレーニング、ユーザー向けのサービスの利用方法についてのトレーニング、それぞれご用意しています。
管理者向けトレーニング講座

75,000 円 ~

G Suite 管理画面の基本設定をご説明および設定 / rakumo サービスとの連携仕様及び影響範囲のご説明および設定 / お客様(管理者)の想定・ご希望にあわせた運用・管理方法のご案内

【所要時間:約2時間】

ユーザー向けトレーニング講座

50,000 円 ~

各サービスの利用方法をご説明 / PC及びモバイルデバイスそれぞれの利用についてご案内

【所要時間:約2時間】

  • ※遠隔地訪問の場合は、別途交通費、宿泊費が発生する場合がございます。
  • ※価格はすべて税抜きです。別途消費税がかかります。

G Suite 導入・活用に役立つホワイトペーパー

G Suite の使いこなし情報

G Suite の導入事例

「rakumo 製品」 導入企業一覧

  • rakumoの導入企業|株式会社ミクシィ
  • rakumoの導入企業|株式会社クラウドワークス
  • rakumoの導入企業|ソフトバンク株式会社
  • rakumoの導入企業|株式会社横浜フリエスポーツクラブ
  • rakumoの導入企業|株式会社 WOWOWプラス
  • rakumoの導入企業|株式会社一休
  • rakumoの導入企業|株式会社JALUX
  • rakumoの導入企業|損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • rakumoの導入企業|株式会社スマレジ
  • rakumoの導入企業|株式会社エレファントストーン
  • rakumoの導入企業|株式会社テレビ東京ホールディングス
  • rakumoの導入企業|アーキタイプ株式会社
  • rakumoの導入企業|HENNGE株式会社
  • rakumoの導入企業|クルーズ株式会社
  • rakumoの導入企業|株式会社オープンハウス
  • rakumoの導入企業|沖縄国際大学
  • rakumoの導入企業|株式会社識学
  • rakumoの導入企業|株式会社メンバーズ
  • rakumoの導入企業|株式会社マーズフラッグ
  • rakumoの導入企業|株式会社ショーケース
  • rakumoの導入企業|株式会社JTOWER
  • rakumoの導入企業|株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン
  • rakumoの導入企業|アタラ合同会社
  • rakumoの導入企業|bravesoft株式会社
  • rakumoの導入企業|株式会社エイシス

rakumoをもっと知る