使いやすさで生産性を向上させるクラウド拡張製品 rakumo(ラクモ)

各種お問合せ 見積・申込 資料請求・問合せ 無料でrakumoをお試し! 無料でrakumoをお試し!

「交通系ICカード対応の経費精算システムよりも低コストで導入できたため、rakumoケイヒへのリプレースには大いに満足しています。」

■導入内容:rakumoケイヒ&ワークフローパック / rakumoタイムレコーダー

社名:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

代表者:代表取締役 三村 博明

設立:平成6年1月6日

資本金:3500万円

URL:http://www.vpj.co.jp/

事業内容:メディア業界のコンテンツ制作環境へ向けたITソリューションプロバイダ

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン インタビュー

Q1.御社の事業について、まずご紹介をお願いします。


コーポレイト本部 黒田 崎子 様

私達はメディア業界のコンテンツ制作を支援するITソリューションプロバイダとして、ITによるコンテンツ制作工程のデジタル化を提供しています。

例えばその1つとして、印刷・出版業界向けに一連の制作業務を管理するためのワークフローシステム等を開発・提供しています。

創設当初はオンプレミスが主体だったのですが、最近はこれと共にクラウドサービスでもサービスの提供にも注力している最中です。2016年4月には、自社プロダクトの開発を担うための現地法人をフィリピンのマニラに設立致しました。


Q2. rakumoケイヒ&ワークフローパックとrakumoタイムレコーダーを導入されたきっかけはどのようなものなのでしょうか。

社内承認を電子化したいということから、最初はワークフローを探していました。当時は、交通費精算用のシステムはすでに導入済みであり、当時利用していたシステムはSUICAやパスモ等の交通系ICカード対応した経費精算システムでした。rakumoワークフローの検討の際にrakumoの担当営業の方から、「rakumoワークフローとあわせてケイヒもご導入頂くと、現在のものより価格も安くなりますよ」とコスト面でのご提案頂きました。

SUICA対応のものは価格的にも高めだったため、これならぜひ検討したいと社内でヒアリングをしたところ、それほど多くの社員がICカード精算はしていなかったようで、特に反対の声などはありませんでした。

ICカードを使ったほうが確実に利用履歴から申請できるメリットはありますが、その分マメにカードをかざさないといけないため、かえって面倒だと感じていた社員も少なくなかったようです。

その点、rakumoケイヒは入力も手軽で価格も安いので、導入には満足しています。

タイムレコーダーは、社員が増加してきたことにより労務管理が難しくなってきた為導入致しました。rakumoのタイムレコーダーは、ブラウザ経由でワンクリックで簡単に出勤と退勤の時刻を記録することができます。インターフェースもシンプルで見やすく、煩雑なマニュアルなどを読むことなく直観的に操作できるため社員からの反応もシンプルで使いやすいと好評です。

また、スマートフォンからも利用できるため、直行直帰の場合にも対応できます。また、当社では様々な国籍の社員が在籍しており、またフィリピンの現地法人での出退勤の管理も行いたいと考えておりますので、英語対応版がリリースされることを期待しています。

Q3.社内ではどのようにrakumoサービスを活用されていますでしょうか。

ワークフローは経費申請の他、購買申請や有給申請など煩雑になりがちな社内の様々な稟議を行うために利用しています。タイムレコーダーと同様にシンプルなインターフェースで直観的に操作可能です。

また、外出した際でもスマートフォンやPCからシステムにログインして操作が出来るため、ちょっとした空き時間で稟議の決済を行うことができるため、社内稟議の完了までの時間が紙ベースでの申請と比較すると大幅に削減され業務効率が向上しました。

ただ課題としては、弊社の組織が海外オフィスも含めて少し複雑で、承認経路の設定が希望通りにいかないところですね。現実にある組織図とその条件分岐を実現しようとすると、いまのワークフローの機能では吸収しきれない部分もあるので、そこは今後の機能対応に期待したいです。

Q4.rakumoに求める要望等はございますでしょうか。

いまお話した承認経路をもっと整理したいですね。自分で経路を設定しなければいけない人が増えてきて、毎回承認経路の組み替えをするのが面倒だと感じます。

また細かいところでいうと、いま社内では「最後に全部承認が終わったものをエビデンスとしてプリントする」というフローがあるのですが、このプリント用の画面がちょうど紙一枚に収まるとうちとしては便利だと思います。

システムは電子化されたのですが、まだまだ経理、購買、労務などの業務では従来どおり紙媒体での管理ややり取りがあり、申請が完了したデータを印刷したいという需要が一定数存在するからです。

ケイヒは基本的に使いやすいと思うのですが、たまにうまくNAVITIMEの経路検索結果が出ないときがあって、検索をし直さないといけない場合があり、そこが改善されると嬉しいですね。また、タイムレコーダーはログインしてすぐにボタンひとつ押すだけでいいので、直感的ですごく使いやすいです。集計するほうの機能がもう少しいろいろあればいいなと思いますが、総合的な使いやすさとコストのバランスには満足しています。

まずはお気軽にトライアルまたはオンラインデモをお試しください。

無料トライアルを申し込み 無料トライアルを申し込み
上に戻る