アラート設定例について

※36協定の届け出内容や各企業での考え方にもよるため、あくまでも一例となります。
法律を基に下記を前提として設定した場合の設定例
  • 原則として時間外労働(休日労働含まず)が、月45時間・年360時間まで
  • 36協定の特別条項にて、時間外労働が月45時間を超えることができるのを年間6回までと設定
  • 1年を通して、常に時間外労働+休日労働の合計が月100時間未満、かつどの2~6か月をとっても、月平均80時間以内
  • 時間外労働の合計が、年720時間以内
  • 所定休日 土曜日、法定休日 日曜日
「1か月の時間外勤務時間」のアラート設定
  • ・レベル1
    30 時間
    ※残業時間上限を意識してもらう最初のアラート
  • ・レベル2
    40 時間
    ※原則の「月45時間」をキープするように
  • ・レベル3
    45 時間
    ※原則の「月45時間」を超えた時
「四半期の時間外労働」のアラート設定
  • ・レベル1
    120 時間
    ※月45時間以内×3か月=135時間なので、その前のアラートとして
  • ・レベル2
    210 時間
    ※どの月の2~6か月の「月平均80時間」をキープする為(70時間×3か月=210時間)
  • ・レベル3
    270 時間
    ※常に月100時間未満をキープする為(90時間×3か月=270時間)
「1年間の時間外労働」のアラート設定
  • ・レベル1
    320 時間
    ※(特別条項で上限6回までと設定している場合として)月平均80時間×4回=320時間なので、6回到達前の4回時にアラート
  • ・レベル2
    480 時間
    ※(特別条項で上限6回までと設定している場合として)月平均80時間×6回=480時間なので、6回到達時のアラート
  • ・レベル3
    630 時間
    ※上限の720時間到達前のアラート 月45時間×2か月=90時間を720時間から差し引いた場合
「1か月の時間外勤務時間と休日労働時間の合計」のアラート設定
  • ・レベル1
    65 時間
    ※どの月の2~6か月の「月平均80時間(時間外労働+休日労働)」をキープする為
  • ・レベル2
    80 時間
    ※どの月の2~6か月の「月平均80時間(時間外労働+休日労働)」をキープする為
  • ・レベル3
    90 時間
    ※常に「月100時間未満(時間外労働+休日労働)」をキープする為
「1か月の安全配慮上の超過時間」のアラート設定
  • ・レベル1
    60 時間
  • ・レベル2
    80 時間
  • ・レベル3
    100 時間
  • ※安全配慮上の超過時間は、過重労働対策として平成20年4月以降、中小企業も適用されている仕組み(本人からの申し出により産業医等の面談を実施しなければならない)
    1) 具体的には月間100時間を超える場合
    2) 2ヶ月〜6ヶ月平均で月間80時間を超える時間外労働が発生している場合
「連続勤務日数」のアラート設定
  • ・レベル1
    7 日以上
    ※週一日の法定休日取得が推奨により
  • ・レベル2
    10 日以上
    ※4週間を通じ4日の休日が必要なため(代休・振休の取得を促進)
  • ・レベル3
    14 日以上
    ※4週間を通じ4日の休日が必要なため(健康維持的に休暇を促進)

その他の機能はこちらからお試し頂けます

ご利用料金

キンタイ
月額
300
年額
3,600/ 1ユーザー

rakumoキンタイが含まれるお得なセットプラン

rakumo Suiteパック
月額 / 1ユーザー
1,200
780
年額9,360
G Suite版 rakumoシリーズ全製品をまとめて導入できるお得なパックです。
  • rakumo カレンダー カレンダー
  • rakumo ワークフロー ワークフロー
  • rakumo コンタクト コンタクト
  • rakumo ボード ボード
  • rakumo ケイヒ ケイヒ
  • rakumo キンタイ キンタイ

rakumoをもっと知る

  • お気軽に無料でお試しください
  • 資料をダウンロード
  • 働き方改革資料をダウンロード
  • はじめてのG Suite™ 導入&移行 入門編をダウンロード