使いやすさで生産性を向上させるクラウド拡張製品 rakumo(ラクモ)

各種お問合せ 見積・申込 資料請求・問合せ 無料でrakumoをお試し! 無料でrakumoをお試し!

テレビ番組の企画・制作や、プロモーションDVD、CM、各種教育DVD/ビデオの制作、これらの映像素材をアーカイブとして管理しているスポニチクリエイツ様。毎日新聞社グループ各社とのビジネスのみならず、様々な企業と取引を広げていく中で、コンプライアンス対応が喫緊の課題となっていました。
 その課題を解決すべく選択したGoogle Apps for Business。しかしながら、Google Appsの標準カレンダーでは、チームでの情報共有や資材管理が効率的に行えないという状況に遭遇し、Google Apps代理店である東京データネットワーク様から勧められたrakumoカレンダーで解決を図りました。

■導入内容:rakumoカレンダー

社名:株式会社 スポニチクリエイツ

業種:放送業

設立:2001年(平成13年)8月1日

資本金:2000万円

役職員数:30名(2011年4月1日 現在)

URL:http://www.sponichicreates.co.jp/index.html

事業内容:テレビ番組の企画制作、イベント事業、広告代理店業

株式会社 スポニチクリエイツインタビュー

Q1.Google Apps導入のきっかけを教えてください。

スポニチクリエイツ 菊地様

株式会社 スポニチクリエイツ様(以下、スポニチクリエイツ様):

弊社は、過去に制作した番組等のコンテンツをデジタル化し、アーカイブとして管理しています。アーカイブは自社のサーバに保管していますが、災害のリスクやコンプライアンス等を考えると、クラウドへ移行した方が良いと考え始めました。また、取引先でもGoogle Appsを利用している企業があり、Google Appsを利用することでコンプライアンス上も問題ないことを取引先に提示できるメリットがあると考え、まずは社内の情報共有基盤として Google Apps for Business の活用を考えました。地方へのロケ等も多く、チームのスケジュールや設備の利用状況を社外からも把握しやすくするためにも、クラウド型のGoogle Appsを利用するメリットは大きいと判断したのです。

Q2.移行に際して、苦労した点等はありましたか?

スポニチクリエイツ 山上様

スポニチクリエイツ様 :

これまではパソコンのメールソフトを利用していましたが、Google Apps for Businessに移行するにあたり、Webメールに完全に移行しました。過去のメールについては、必要な人だけがパソコンに保管して従来のメールソフトで参照する形とし、メールデータの移行は行いませんでした。慣れてしまえば、むしろGmailの方が使いやすいと感じました。移行後は、カレンダーの予定前に通知が来るなど、便利になりました。
Google Appsは多機能なのですが、どこにどんな機能があるのか、わかりづらいのです。ヘルプ機能も分かりづらく、いろいろ調べていくうちに、自分たちが使いたい機能は、これだ、ということに突き当たる。これまで「フォルダ」と呼んでいたものが「ラベル」という名称になっていたりメールの署名の設定方法が分からなかったり、最初は苦労しました。 また、Googleカレンダーでは、他人の予定を自分中心にしか見ることができないため、別のチームや会議室といったグループビューでの表示機能を求めていました。

Q3.rakumoカレンダーが良かった点はどこですか?

スポニチクリエイツ様 :

いくつかの製品を比較してみましたが、他社の拡張製品はしっくりきませんでした。でも、rakumoカレンダーはすぐに慣れることができました。個々の予定を一覧で見ることが出来たり、会議室の管理が社外からでも簡単に行えるようになりました。Google Appsは個人とその他という考え方が中心で、組織で行動する業務の予定を管理するには不便でした。
現在はスケジュール管理と会議室の管理だけですが、コンプライアンス上外部からの利用がどこまで可能かを検討していくとともに、リソース(機材など)が多いので、その管理もしていきたいと考えています。

(左から)rakumo 五十嵐、スポニチクリエイツ 菊地様、山上様、東京データネットワーク 坂井様

まずはお気軽にトライアルまたはオンラインデモをお試しください。

無料トライアルを申し込み 無料トライアルを申し込み
上に戻る